スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告トラックバック(-)| コメント(-) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

--,--,-- --:--Edit

「2008年TIMEが選んだ世界の発明品BEST 20」に日本製品が無いのは寂しい

2008年に生まれた世界の発明品のなかからBEST50を米TIME誌が選出。


ここに日本製品が無いのは発明大国として寂しいな。



僕としては第6位になった

スバルバル世界種子貯蔵庫が気になります。

こんなものが出来ていたとは知らなかったのですが、現代版ノアの方舟みたいでカッコいいですね。

250px-Global-Seed-Vault_0844_inngansparti_kunst_F_Mari_Tefre.jpg


ノルウェー北端のスピッツベルゲン島にある世界種子貯蔵庫。 最大450万種の種子がマイナス18℃で保存される。

この記事によれば


■マイナス18度:種子保管室内の設定気温。冷凍システムが故障しても永久凍土層のおかげで気温がマイナス3.5度を上回ることは決してない。

■0人:施設で働く人の数。施設は行動探知機とカメラを通じて、常に遠隔監視の下に置かれている。

■4枚:種子保管室までにある装甲・気密扉の数。電子キーがなければ開けることはできない。

■12品目:人類の食生活を構成する主要農産物の数。それぞれ数万、数十万の種がある。

■130メートル:施設が位置する海抜。地球温暖化の影響でグリーンランドや北極の氷床が解けたとしても、水没することはない。

■1400か所:世界中にある種子バンクの数。たった1種の種子を守るところもあれば、50万種以上を保管するところもある。

■2万年:ソルガムの種子が施設内で発芽能力を保てる年数。ヒマワリの種は55年。

■20万種:現存するコメと小麦の種の数。

■26万8000種:開設日に収められた種子の種類。

■450万種:施設に収蔵できる種子の種類。これは現存するとみられている種の2倍に相当。

■600万ユーロ(約9億6000万円):施設の建設費。すべてノルウェー政府が負担。

■20億個:施設に最終的に収蔵されうる種子の数。それぞれの種が数百個ずつ保管される。




これはすごい



スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)コメント(0) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「2008年TIMEが選んだ世界の発明品BEST 20」に日本製品が無いのは寂しい

2009,01,15 16:35Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL:
ad space
プロフィール

nyagoya

Author:nyagoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気記事ランキング
僕のつぶやき on twitter
いつもボソボソとつぶやいてます。
special thanks
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。