スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告トラックバック(-)| コメント(-) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

--,--,-- --:--Edit

日本の外交官は「勇午」を読んだほうがいいと思うよ。

勇午 洞爺湖サミット編 1 (1) (イブニングKCDX)
発売元: 講談社
レーベル: 講談社
スタジオ: 講談社
メーカー: 講談社
価格: ¥ 580
発売日: 2008/09/22
おすすめ度 3.0


確実に面白い漫画。

高校生の頃から大好きな漫画なんですけど、漫画喫茶に行くたびに読みたくなってしまうので
いっそ買おうと思って、最近bookoffの100円コーナーで何冊か買いました。

勇午という交渉人が人質返還や政府要人の亡命などの交渉任務を各国でするという物語。
1話1話は短いので、読みやすいと思います。


今はアフタヌーンから、イブニングに移って日本国内のストーリーが多くなっているようですね。

個人的には4巻~のロシア偏や、8巻~のイギリス編(北アイルランド編)が好きです。



昔、麻生太郎が外務大臣時代に講演で

「『勇午』を読んでない人は外交なんて語っちゃダメ」

と、仰ったとか。
⇒ソース



交渉依頼人と交渉相手、そして勇午を支える仲間たちとの信頼関係の築き方はビジネスにも通じると思っています。
スポンサーサイト
漫画トラックバック(0)コメント(0) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本の外交官は「勇午」を読んだほうがいいと思うよ。

2009,01,14 10:46Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL:
ad space
プロフィール

nyagoya

Author:nyagoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気記事ランキング
僕のつぶやき on twitter
いつもボソボソとつぶやいてます。
special thanks
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。