スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告トラックバック(-)| コメント(-) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

--,--,-- --:--Edit

藤子不二雄Ⓐ先生の自伝「まんが道」を読んでみた

たしかネットカフェ住民の漫画家ブリトニーがまんが道のファンらしい。


以前僕の実家にとても分厚い創刊当時の「まんが道」があったのだが1巻しかなかった気がする。


つい最近ツタヤで見つけたので読んでみた。


戦後、漫画文化が国民に根付く頃の時代がリアルに描かれていて面白い。


今では小学生低学年の子供から、50代のおじさんまで漫画を読んでいるが、あの頃は本当に小学生向けのもので、文化は時代とともに変化していくんだなと実感。


昔を思い出してみると
手塚先生のジャングル大帝やブラックジャックをよく見てたし、
赤塚先生のバカボンは毎週テレビでやってたし、
藤子不二雄先生のパーマンやオバケのQ太郎、ドラえもんで育った世代。


そう考えると僕らの世代が凄い影響を受けている人達の物語だよね。


今の子供もドラえもん大好きだもんな~、すごいよな。

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)
発売元: 中央公論新社
レーベル: 中央公論新社
スタジオ: 中央公論新社
メーカー: 中央公論新社
価格: ¥ 720
発売日: 1996/06
売上ランキング: 37067
おすすめ度 5.0
スポンサーサイト
漫画トラックバック(0)コメント(0) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 藤子不二雄Ⓐ先生の自伝「まんが道」を読んでみた

2009,08,05 11:13Edit
COMMENT
COMMENT POST













管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK
トラックバックURL:
ad space
プロフィール

nyagoya

Author:nyagoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気記事ランキング
僕のつぶやき on twitter
いつもボソボソとつぶやいてます。
special thanks
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。