スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告トラックバック(-)| コメント(-) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

--,--,-- --:--Edit

今年のCESは「3D、スマート機器、iphone周辺機器」1

1月6日~9日の4日間ラスベガスで開催されていた「コンシューマーエレクトロニクスショー」通称「CES」に行ってきました。


その様子を紹介します。

長くなるので数回に分けます。



■有名メーカーの勢力図


まず、気になるのは有名エレクトロニクスメーカーのブース規模と出店製品です。
これでだいたい今の勢いがわかったりします。

有名企業ひしめくセントラルホールでも一際大きなブースで豪華な展示をしていたのはLG電子。
そんな巨大なブースでも初日は人で溢れかえっていて入れなかったくらい。
全米で白物家電のシェアNO1を獲得し、テレビでも業界をリードしている企業だけあります。

2011 CES Las Vegas - 5348672190

2011 CES Las Vegas - 5348056839

2011 CES Las Vegas - 5348054647

2011 CES Las Vegas - 5348663202


また、次に賑わっていたのはこれまた韓国メーカーのサムスンかな。
何百インチあるかという巨大ディスプレイに日本でも人気の少女時代のライブ映像を3Dで流してました。
その他、世界でスマートフォン市場を席巻しているギャラクシーも人気のようでした。

IMGP3001.jpg

IMGP3003.jpg

IMGP3005.jpg



また、米国の企業や日本の企業もブースの規模や豪華さでは全然負けてなかったです。
ただ、目玉商品が少なかったせいか集客を見ると、ちょっと見劣りしてる気がしました。

2011 CES - 5332513816

2011 CES Las Vegas - 5348020375

2011 CES Las Vegas - 5348022873

2011 CES - 5331899679



僕の私見ですが、製品の質だけで言うと日本の電子機器は文句なく世界一です。
ただ、韓国のメーカーは海外でのプロモーションと外観のデザインのかっこよさが日本の各メーカーよりもかなり進んでる気がします。

少し安くて、かっこいい。そんな理由でLGやサムスンが受け入れられてる気がします。

日本人としてはちょっと残念ですね。


しかも、最近では日本企業より先にアンドロイドのタブレットを出すなど、今までの技術的には韓国メーカーは日本メーカーの後追い、という関係が変わってきている面もあると思います。



■有名メーカーの展示品


LG、サムスン、ソニー、パナソニックなどのブースで気になったのはどのブースも大々的に展示してある3Dテレビではなく、その横でちょっと控えめに展示してあるスマートTV(インターネットTV)でした。

ソニーがGoogleと提携したりして話題になったアレです。

どのブースのスマートテレビも簡単に説明するとタブレットPCを大きくしてテレビが見れるようにした感じです。
実際、これをテレビと呼んでいいのかはもはや微妙です。

テレビ映像のウィンドウの横でチャットのウィンドウ開いてたり、
スマートテレビの中で動くアプリも紹介されてました。

2011 CES Las Vegas - 5348050437

IMGP3005.jpg

テレビはおせんべい食べながらボケーと観るという育ち方をしてきたうちら世代から見ると
この機器を実際の家庭で使う姿がなかなか想像できなかったりします。
しかし、時代の流れは速いのでテレビの映像を中心にしたネットの使い方が一般的になる日も遠くないかもしれません。
僕の感想としては今のままでも市場は広がりそうな気がしますが、Wiiのようなモーションセンサーや音声認識との融合がもっと進むと面白いと思います。




また、LGではスマート家電というものも紹介していて
オーブンが焼き上がるアラームや洗濯が終わるアラームをスマートフォンなどに転送できるというような、家中の電子機器をすべてWi-Fiで繋ぐ仕組みです。

たしかパナソニックとかでも数年前からこのような取り組みは発表しているはずですが、何故かあまり注目はされませんでしたね。LGの方はどうなんでしょうかね?
僕の感想としては普及はゆっくりだろうけど、富裕層のお年寄りを中心に需要はあると思います。
それに近未来的でカッコイイじゃないですか!!!


みんな大好きソニーでは、3DやGoogleTV、新型VAIOの展示と並行して「ハンディカム」シリーズの新モデルとして、3D撮影対応の「HDR-TD10」が人を集めていました。
3Dは宣伝や展示会では勢いがありますが、一般にはまだまだ浸透してないように思います。
これからどうなっていくんでしょうね。
僕はアバターのような大迫力の完成度の高い映像コンテンツは3Dでみたいですが、他のものは通常の映像で十分のような気がしますけど、そんな僕の意見も今後変わっていくのかな~

ソニーは「Playstation Move」のデモもやってました。
ゲーム業界で面白そうだったのはコレくらいかな~。てっきり任天堂が3DSを出すものだと思ってスーパー楽しみにしてたけど今年の出店は無しだったみたい。(早く買いたいぜ!)

IMGP3025.jpg


あと、日本企業だと東芝がandroid3.0のタブレットの試作機を展示してました。
androidの開発スピードに驚きました。
近日中に近距離通信の機能(おサイフケータイ)も機能追加されるみたい。


このへんの企業をぐるっと回った感じだと、

スマートフォン:androidの爆発的な普及が結構近いのではないか。
タブレットPC:ノートPCの置換としてすでに十分な機能はある。あとは入力機能の強化だけか。
テレビ:僕的にインターネットTVに期待
従来型のPC全般:あまり積極的な展示はなし
その他:まだカメラ市場は日本製が圧倒的に強い。


最後の辺、画像なしですみません。

こんな感じで次回は知名度的に入賞圏外の企業たちにスポットを当てたいと思います。

スポンサーサイト
雑記トラックバック(0)コメント(0) このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今年のCESは「3D、スマート機器、iphone周辺機器」1

2011,01,15 17:10Edit
ad space
プロフィール

nyagoya

Author:nyagoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
人気記事ランキング
僕のつぶやき on twitter
いつもボソボソとつぶやいてます。
special thanks
無料ブログパーツ「dragger」で読者にやさしいブログに!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。